ERMウェビナー「カーボンニュートラルに向けた事業戦略と脱炭素事業検討における環境社会配慮」

2021年5月28日

ERMウェビナー「カーボンニュートラルに向けた事業戦略と脱炭素事業検討における環境社会配慮」

日時:2021年5月27日(木)15:00-16:30
開催場所:オンライン
使用言語:日本語

 2020年は、カーボンニュートラルを目指す宣言が世界各国で打ち出された年であり、各産業界がカーボンニュートラル実現に向けた取組みに大きく舵を切る転換期となりました。2021年は、カーボンニュートラル実現という野心的な目標に向けた戦略の検討を本格的に開始する年になると考えられます。カーボンニュートラルに向けては、温室効果ガスの8割以上を占めるエネルギー分野の取組が特に重要となり、石炭・石油からガスのような低炭素燃料への転換、再エネルギーの導入や水素やアンモニアなど新エネルギーの活用、既存ポートフォリオの見直し、など対策の検討が求められる機会が更に増えてくると考えられます。

 本ウェビナーでは、「カーボンニュートラルに向けた事業戦略と脱炭素事業検討における環境社会配慮」というタイトルで、ここ数年の間に急激に進展してきた脱炭素化へ向かう世界的な動向をご説明すると共に、野心的なGHG排出削減目標達成に向けたロードマップや具体的な取り組みのヒント、脱炭素に向けた事業(再エネ・新エネ、ガス転換、アセットの廃止)の検討・設計における、マーケット分析、環境社会影響評価、ステークホルダー対応及びリスクアセスメント等の環境社会面の留意事項や国際的な動向等についてお話しさせて頂くと同時に、これらの検討におけるデジタルツールの活用事例についても紹介させて頂きました。

 本ウェビナーのアジェンダは以下の通りです。
 ■ カーボンニュートラル戦略のレビュー・策定
 ■ 脱炭素事業の検討・設計における環境社会面の留意事項
 ■ 質疑応答

 スピーカー
 安部 裕一 (ERM日本 パートナー)
 鈴木 洋平 (ERM日本 プリンシパル・コンサルタント)
 星野 隆行 (ERM日本 プリンシパル・コンサルタント)