グローバル化学物質管理体制構築セミナー 「韓国、米国等海外法規制動向」

2017年5月12日

2017年5月10日にグローバル化学物質管理体制構築セミナー 「韓国、米国等海外法規制動向」を開催いたしました。

日時:2017年 5月 10日 14:00-16:15
開催地:横浜

2016年末に韓国の主要な化学物質法規制である、いわゆるK-REACHについて大きな改正が発表され、また、米国の改正TSCAについても昨年の改正後、その詳細を規定するための下位規則案が続々と公表されています。また、タイやベトナムでも既存化学物質リストの作成作業が進められており、世界中の化学物質規制の厳格化は従来にも増してその歩みを進めています。
このような状況の中、グローバルにサプライチェーンを有する事業者は法規制の動向を出来るだけ早く把握し、戦略的に対応を進めていくことが求められております。法規制対応を適切に実施することが出来ない場合、罰金などの処分や、最悪の場合には製品の回収やサプライチェーンの途絶につながる可能性もあります。

本セミナーではERM韓国事務所より化学物質管理に豊富な経験を有するコンサルタントを招き、改正が見込まれるK-REACHのほか、新設される予定の韓国版バイオサイド規制について説明を致しました。
また、昨年の改正を受けてその下位規則案の策定が進んでいる米国TSCAについても、公表された下位規則案について、事業者への影響や推奨される対応を中心に説明。この他、台湾についても化学物質登録等の状況と今後の見込みについて情報提供を致しました。

トピック

1. 韓国化学物質管理法規制動向
2. 米国および台湾の化学物質法規制動向

今後も継続してお役に立てる情報を発信してまいります。